【初心者向け】富士登山に初挑戦【登山ウェア篇】


突然ですが、私の趣味は登山です。

とはいえ、まともに活動をはじめてからは数ヶ月…半年くらいのレベルです。

仕事の関係上、毎月登ることは出来ませんが、それでも隙間を見つけて楽しんでいます。

しかし、所詮初心者は初心者。

色々なウェブサイトやブログを転々としながら、自分に必要だと思う道具や機材を選び、高山病などの予習をおこないました。

それでも実際に登ってみると色々なものが見えてきました。

今回は実際に富士登山を行なった際の服装を元に登山ウェアについて記載・紹介して行きます。



はじめに

登山には「三種の神器」と呼ばれている以下のアイテムが必須とされています。 ①雨具 ②登山靴 ③ザック


この3つは必ず用意していくということを忘れないで下さい。

1つ目の雨具、2つ目の登山靴はこの後解説して行きます。

3つ目のザックは次回ご説明をさせていただきます。


突然ですが、あなたはスーツを着る時どんな風に着ていますか?


素肌に直接Yシャツを着ますか?

基本的には肌着→Yシャツ→ジャケット


ではありませんか?


登山時もそれと同じようなもので、まずはベースとなる肌着。

その上に着るTシャツ。

風や雨、寒さをしのぐためのウインドブレーカーやレインウェア。

といった具合で重ね着するイメージです。

いわゆるレイヤリングという着こなし方です。


さらに富士に限らず、そして日帰りであれ宿泊であれ、それぞれ着替えることを考え自分に合う枚数を持って行って下さい。

(代謝が良い方や、天候が優れないような日程に行く方は、プラス予備を持って行っても良いかもしれません。)




神器や登山用の服って本当に必要?

小学生から7〜80代のお爺ちゃんからお婆ちゃんまで登る富士山。

海外からの観光客も多く訪れるため、「体力があれば登れる」というイメージが強いのではないでしょうか?

私も「練習すれば登れる」「体力があれば行ける」なんていうイメージがありましたが、現実は違います。

今年2018年7月28日頃には安全指導員の方が台風の影響を受け強風のため遭難、お亡くなりになられたというニュースがありました。

死因は低体温症だったそうです。

プロの方でも急な天候不良によりお亡くなりになってしまう方がいらっしゃいます。

特に遭難者は毎年数十名。死亡者は毎年数名いらっしゃるそうです。

服装はその中でも登る前にできる対策の一つだと私は思います。

体力も大切ですが、捻挫や低体温症で身動きが取れなくなってしまう危険から逃れるためにも、最大限準備をして下さい。