GH5発売 ~ Knockin' on ProUse door ~

【業務用機器と民生用機器】

 

それぞれのニーズに合わせた性能を兼ね備えており、もちろん民生機は民生機、業務機は業務機と住み分けをされています。

(主に民生機が業務機の立場を奪ってしまわないように。)

とっても簡単に説明致しますと…

 

業務機 

ハイエンドユーザー向け民生機 

ファミリー向け民生機

といった感じですかね。

 

業務機の主な特徴と致しましては、

①センサーサイズが基本的に大きい(スーパー35mmやフルサイズなど)。※1

②ポスプロ前提(ポスプロが絶対に必要)の映像記録。※2

③ダブルスロットによるバックアップ記録ができる※3

④キャノン端子(XLR端子)があり、外部マイクの取り付けが可能。

 

※1:センサーが小さい物があります。主にレンズ一体型のカメラはその傾向があります。

※2:ダイナミックレンジを生かしたLogガンマやRAWデータ記録。カラーグレーディングの必要な素材での記録など。

※3:中には出来ないものもあります。

 

そんな業務用カメラはどれほど頑張っても最低50万円以上!!

そこまで高い金額のカメラなら…

 

「プロが使う機材は違う!」

「綺麗な画質!映画やドラマで見るような背景がボケた映像!」

「TVCMや映画でも使われてるんでしょう?」

 

と、いう風に思われていらっしゃるのではないかと思います。

 

 

【そんな中登場したGH5】

 

※Panasonic GH5 参照 

 

ハイエンドユーザーの方は「スゲー!よっしゃー!!」と雄叫びを上げたでしょう。

プロの方は「え!?マジで!?いや、でも…えー。すごいねパナソニックさん。」と思った事でしょう。

Panasonicから発売されたGH5。

その性能は業務機そのもの(主に上記②と③の部分、オプションパーツで④を保管。①に関しては人それぞれという事で…)!!

 

■□■!注意:ここからは少し専門的なお話になります!■□■

■□■まとめだけ聞きたい方は、以下の「まとめると?」まで飛ばしてください。■□■

 

「何がそんなに凄いの?」

「③の必要性は分かるけど、②って具体的にどう変わるの?」

とお思いの方が多くいらっしゃると思います。

 

ここで少し詳しく解説させて頂ければと思います!

(あくまで私個人の解説ですので、誤りや言葉足らずな部分があると思いますが、ご容赦下さい。)

と、言いたいところですが、ここから先がとても長いので、ブログ記事をいくつかに分けようと思います。

以下の3点を解説いたします。

 

①4:2:2 10bit 内部記録の「4:2:2」

②4:2:2 10bit 内部記録の「10bit」

③V-log L

 

いや、まさかココまで長くなるとは想定しておりませんでした。

とりあえず今回はここで一旦終了させて頂きます。

 

次回は4:2:2についてお話し致します。

少し業務向け、マニア向けなお話になりますので、ご興味ない方は飛ばされて下さい。

Please reload

特集記事

5周年

April 1, 2018

1/6
Please reload

最新記事

April 1, 2018

February 5, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload